上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本では新年度が始まり大忙し。桜も例年より早くたくさんみた。
桜、桜、桜。日本中桜が満開でとても綺麗だった。九州から東京までいろんな桜が見れました。

ここ10年で初めて約1ヶ月も日本に滞在して、あまり人にも会わず結構のんびり過ごしました。
日本は広くて、人も多い。食べ物も美味しいし、本当にいいところ。

sakura.jpg


途中何回も地震があって怖いし、相変わらず放射能の問題も解決しない。
日本の民営放送のくだらなさも半端ない。

政治家や著名な方の講演会にも何回か参加した。
国家や憲法の話がブームのようにどこでも話がでてくる。

国家とは主権、領土、国民。主権とは徴税権とか選挙権。

住む場所は香港だし家族も国際的にいる状態で言われても全くピンとこない。
日本も中国も大切だし。友達のいるヨーロッパや中東も。
若いころ助けてもらったアフリカの人も。
ようは当事者意識、意識の問題じゃなかろうか。

税金も低税率を目指して大手は移転していく。
国家とは主権、領土、国民。最低限必要な土台なんだろうけど、
それを超えてしまうとまた違う状態になってしまう。

講演会で年配の方が深い思考が必要だと言っていた。
深い思考、ビジネスや金儲けに繋がらないような思想を考えられるような人が今いるんだろうか。

吉本隆明という思想家がこの間亡くなったが、大学といい研究機関といい事業化モデルを持っていないと厳しい時代。とにかくスピードばかりあがっている。

最近、ポリネシアの文化にすごく興味がある。自分のルーツが奄美大島だからなのか、何故か惹かれる。

ハワイの有名なミュージシャン、ケアリーレイシェルのインタビューから

『バランスを取ることが大事だよね。己のバランス、そして暮らしているコミュニティーのバランスも大切なんだ。そして、そのためには文化的なツールが必要で、そのツールとは、言語なんだよ。言語が無ければ、文化は存在しえない。だって言語がなければ、ただ動作を真似し合っているだけだからね。でも、そこに言語が加わると、全てが理解できるようになる。だから、ある種のツールが必要だと思うんだ。同時に、前進しなければならないわけだけど、何をもって前進するのか、前進するためには何を切り捨てるのかも大事だよ。

 この新世代に関して、僕らがあまり好きじゃない点は、彼らが一つのことに集中できないということ。例えば、ラジオを聞きながらコンピューターを操作したり、ゲームをしたりと、色んなことを一度にやる能力はあるのに、ある一定の時間、一つのことに集中するのがとても苦手なんだ

僕たちはそこが問題だと思っているんだよね。ジャグリングはうまいけど、ボールを一つだけ与えると何もできない。今、その辺を直そうとしているんだ。
 
多分、世界中で同じことが起こっているんじゃないかな。一つの文化に限ったことではないと思うよ。特にインターネットのある所はね。デジタル回線で繋がっている場所では、すべてがスピーディーだから、欲しい情報を得るために努力する必要がないんだよ。昔は調べものをするためには、図書館に行って本を開かなければならなかった。でも、今はインターネットやYouTubeでササッと情報を得ることができる。つまりいい部分と悪い部分があると思うんだ。だから、我々は子供たちがあまり怠けないように注意しなければならない

彼らが欲しいもののために戦えるように育てなければならないんだ。今の子供たちはあまりにも簡単に諦めてしまう。僕ら世代が若かったころと違って、壁にぶち当たるとすぐに止めてしまうんだ。これを直すのは、かなりのチャレンジだろうね』

ビジネスも同じ、コツコツ汗をかいてなんぼ、社会に価値を生み出さなければ意味がない。
投資も普通の事業と同じで仕入れがありお客さんがいる。
優れた投資案件と投資家。

魔法はないのです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。