上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分が海外に興味を持つようになった一つの理由にサッカーがある。
野球に比べて世界中に広がっている一つだ。
ちょうど高校卒業する頃にJリーグもできた。

最近そのJリーグも収益を上げるために2シーズン制の導入がほぼ決まりのようで、
10億円の増収が見込めるそうだ。その時にちょうどアジアチャンピオンズリーグというアジアのチームでの戦いがあり、日本の柏レイソルが中国の広州光大というチームに完敗した。

そこで活躍するブラジル人助っ人は年俸10億円らしい。近年の中国は多額の年俸で優秀な監督や選手を呼んでいる。日本のJリーグが開幕した頃もそのような時代があった。

Saitama Stadium S
【浦和レッズのホーム埼玉スタジアム、すばらしいスタジアムだが建設費用なども問題に】

一方ヨーロッパでは近年、サッカーチームの赤字が叫ばれるようになり、オーナーがロシアや中東、アジアに移ったり、フェアプレー制度というチームの収入と人件費のバランスを保つ制度がしかれたりしている。一方アメリカのプロスポーツはうまく経営がなりたっている見本とされ、高い年俸もいろんな仕組みで賄われていたりする。

サッカーのユニフォームに名前をつけるスポンサーも近年の変遷は恐ろしいものがある。
ヨーロッパのチームのスポンサーに名前をつけているのがオンラインカジノなどが多いということだ。
さらにワールドカップの開催地決定に関する黒い話や、試合そのものの八百長が世界中で広まっているというレポートもある。

サッカーの本質は何か、エンターテイメントとしての本質は何か。
どのような評価をするのか。

フランスではサッカー選手の年俸には75%の税率がかけられる。世界一の選手だといわれるメッシは肖像権などの管理会社を無税の国に会社を設立して節税を行い、脱税疑惑で法廷に呼び出されている。

持続可能な経営、それはスポーツ・サッカーにも重要な課題になっている。
志を失うべきではない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。