上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の続き

香港の金融資格ともう一つあるのが、保険の資格。
こちらは二つの保険協会が資格を提供しています。

PIBA(Professional Insurance Brokers Association)HKCIB(Hong Kong Confederation Insurance Brokers)で、保険代理店はどちらかに所属しています。

資格試験は職業能力教育協議会であるVTC(Vocational Training Council)の管理下にあるPEAK Examination Centreで実施されます。

資格試験は1から6までとMPF(香港強制積立金)があり、

1.保険の基礎
2.一般保険
3.長期保険
5.投資リンク長期定期保険
6.旅行保険
MPF.強制積立金(HKSIでも受験可能)

1 + 2 = 一般保険(医療保険など)
1 + 3 = 長期保険(生命保険など)
1 + 3 + 5 = 投資積立保険
の販売が可能となります。

法人として上記資格がある組織に有資格の個人が登録する必要があります。
毎週数回テストが行われ費用も安価であるため、簡単にとれる試験です。

日本の保険外務員試験も簡単と言われていますが、香港のものも自動車免許のように数時間でとれるもので、
こんなレベルでいいのかなぁと。保険そのものの役割や制度から考え直すべきだと思われます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。