上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネクストチャイナが叫ばれ続け、東南アジアや南アジアシフトが続く日本の風潮だが、
中国に深く入り込む企業、ファンドマネジャーの中国へのシフトが徐々に見え始めている。

世の中(メディア)とは逆の動きですね。

中国大陸からもっとも投資が身近である香港では不動産価格が値上がりしすぎ、小売業に大打撃を与え、商業店舗の移転や空きがめだってきている。アジア一の金持ちである李嘉誠も所有しているスーパーマーケットを売却し、安くなった欧州の通信事業やインフラ事業の買収に動いている。

投資の基本は格安になったものを仕入れ、利益が計算できるものを堅実に運用していくことだ。
ウォーレンバフェットの2008年のリーマンショック時の社債購入などもようやく実を結び始め100億米ドルほどの配当利益を得ている。

2013OCT08_Baffet.jpg

勇気を持って決断すること。コツコツやることです。
不動産や飲食店などで儲けるつもりはありません、金融の元々の意味である社会的価値のある事業を手伝いその利益をもらうことが自分のやるべき使命だと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。