上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投資の仕事をはじめて10年近く、本当に投資をする必要があるのだろうかと思うことも多々ある。

金融業界でも投資で利益を生み出せる人や立場にいる人は1%もいないのではないだろうか。
ほとんどが仲介役や営業マンであることがほとんどだ。

最近行動経済学の本を読んでいるが、なるほどと思うことが多々ある。
投資の説明を受けてわかったような気分になるが、実は単純なところで決めている。

old hong kong


ITや金融のような業界にいると実業に憧れるようにもなる。
今年になって勉強するようになったイスラム金融の考えももっともだと思う。

金融市場で勝負し、不動産投資もやった。
通信会社への投資、エネルギー事業、小売業などの投資もやった。
これからは教育関連に投資してみようと思う。

通信、エネルギー医療、バイオのような高度な技術は金融から噛んでみても中々理解できないというか、わかったふりをしてしまう。

教育なら少なからずわかる。

もしくは投資なんて全くしないことだ。
人間が持つ直感を大事にしましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。